知っておきたい!おウチで出来る衣類のケアテクニック

お店に売られている洗剤は、大きく分けて粉末と液体に分かれています。

どのような使い分けをすると良いか知っていますか?

粉末洗剤と液体洗剤の特徴

■ 粉末

弱アルカリ性です。汚れを落とすということを前提にしています。
最近では多くのメーカーの粉末洗剤がコンパクトになって使いやすくなっています。
洗剤を沢山入れるほどキレイになると考えがちですが、それは間違いです。汚れ落ちは変わりません。
すすぎの手間がかかりますので、説明書に書いてるとおり入れて下さい。不安でしょうが大丈夫です!

 

■ 液体

中性です。特長は風合いを重視していることです。
洗剤の成分が繊維を保護しながら汚れを落としてくれますので、お洒落着など気に入った洋服のクリーニングをお勧めします。

これも知っておきたい!漂白剤とリンス剤について

■ 塩素系漂白剤

淡黄色の液体・・・次亜塩素酸ナトリュウム  白地のみ使用可
毛、絹、ナイロン、アクリル、アセテート、ポリウレタンと、これらの混紡品には使用不可

 

■ 酸素系漂白剤

・白い粉末・・・過炭酸ナトリュウム 白地 ・ 色柄ものは「使用可」

 (ウール、シルクとこれらの混紡品には「使用不可」)

・液体・・・過酸化水素 白地 ・ 色柄ものは「使用可」
 (ウール ・ シルク と、これらの混紡品にも「使用可能」)
説明書に書いてるとおり入れて下さい。不安でしょうが大丈夫です!

 

■ 還元漂白剤

白い粉末・・・二酸化チオ尿素 白地のみ使用可
すべての繊維に使用可

 

■リンス剤

静電気防止と柔軟剤 としての使用します。柔らかさ・肌ざわり・手触りがとってもいい感じです。

 

洗濯ワザの紹介の前に『ドライクリーニングとは何なのか?』を次のページで紹介します。

実はドライクリーニングは、家庭ではまず出来ない洗濯方法なんです!