知っておきたい!おウチで出来る衣類のケアテクニック

このページでは家庭での シミ抜き・ウエット・漂白等をあらゆる角度から、研究・実験し、家庭で実演出来るまでの工程をまとめています。
こちらのページを参考にすれば、「さすが プロの奥様!」と家族から褒められるくらいになれます!
さあ、頑張って 本物の家庭クリーニングを!

◆塩素系漂白のコツ

ここでは、ハイター・ブライト 【 次亜塩素酸ナトリュウム 】での実演をしています。

最も優れている特長としては、漂白性が最も強く除菌・除臭効果も高いということです。

しかし、毛・シルク・ナイロン・アセテート・ポリウレタンとこれらの混紡品 (少しでも入ってると[縦糸や横糸]そこだけ黄色くなったりします)や、金属製の ボタン ・ ファスナー ・ バックル等は、使用出来ません。
使用出来る生地は、綿・麻・ポリエステルです。

 

それでは塩素系漂白の実習に移りましょう。まずは漂白剤の説明書をよく読んで下さい。

 

漂白前に、必ず洗濯をしましょう。汚れをきれいに落としてから漂白に移ります。(汚れとシミとは違いますよ)


① まずは、容器 を用意して下さい。
:容器は、バケツ(10リットル)。(入れる品物の量は、ゆっくりと入るくらいです)

② 水の温度は、常温。  

③ 漂白剤は、1%濃度で(よく溶かして下さいね)
:1%濃度とは、水 10リットルに対して ハイター ・ ブライトを 100ccの量です。

④ 衣類は、スポーツシャツ ・ ブラウス類は 2枚まで、シーツ類は 洗濯機で
:ゆっくり漬かるくらい。
使用出来ない生地の種類は、毛・シルク・ナイロン・アセテート・ポリウレタンとこれらの混紡品です。

⑤ 時間は、30分まで(それ以上漬けても 同じですし、漬けすぎると衣類が痛みます)
:時々 衣類を引き上げて見てください。シミが取れていると そこで終わりです。

⑥ 脱水は、30秒間 洗濯機で。

⑦ 1回目のすすぎは、ためすすぎで 3分~5分間

:たっぷりの水ですすいでくださいね。

⑧ 脱水は、30秒間 洗濯機で。

⑨ 2回目のすすぎは、
ためすすぎで 3分~5分間(たっぷりの水で)。

⑩ 脱水は、30秒間 洗濯機で。

⑪ 3回目のすすぎは、ためすすぎで 3分~5分間(たっぷりの水で)。

⑫ 脱水は、30秒間 洗濯機で。

⑬ リンス加工です。(説明通りに計りましょう 。 3分~5分間 漬け込みです)

⑭ 脱水は、30秒間 洗濯機で。

⑮ スポーツシャツ ・ ブラウス類は、良く叩いてからハンガーに吊るして下さい。
:スポーツシャツ ・ ブラウス類は、衿等には スプレー糊をして下さい。後のアイロンかけが楽になりますよ。

⑯ シーツ類の糊付けは、リンス剤と糊を一緒に入れて洗濯機で行いましょう。
:リンス ・ 糊 の分量は、説明をよく読んで下さいね。良く叩いてから干しましょう。